忘備録

ヨガの木です☆



今回は、
私の忘備録として、綴ってみたいと
思います。


7月のレッスンの時、
ヨガの呼吸法とポーズをおこなう前に、
7月の聖句のことで、
静かに目を閉じ、
思い出して調べていきました。

生徒の皆さんからも
とても良い意見、考えが出ました。


「大隠(たいいん)は、
市(いち)に隠ると知れ」


この聖句の意味合いは、
大隠→悟りを開いた人、世間のしがらみがない
名誉を捨て、安らいで暮らす人。隠者。
大隠は、山奥などにひとりで暮らしていますが、
優れた隠者ともなると、
世間の煩わしさに心を乱されたり、
惑わされることもないので、
わざわざ山奥で暮らす必要もなく、
むしろ、市(町の中)に隠れている、
普通と同じ生活ができる

といった意味合いです。

これまでの人生の中で
決して心を乱されなかった時のことを
静かに目を閉じ、思い出して、
調べていきます。



皆さんからは
下記のことが思い出されました。

●好きなこと、やりたいことをやっている時
●とりあえず目の前にある、やらなくてはならないことに集中した時
●なるようになるさ、と思った時
●頭が空っぽになれた時
●考えても仕方ないことは、考えないと
納得できた時

そして、
私自身の調べの中では、
●ヨガをみなさんにお伝えしている時
そのことだけを考え、集中している時
そんな時、そんな瞬間は、
心は静寂で乱されず、穏やかです。



心配ごと、
ショックな出来事、
怒り、悲しみ
など、、、は、
私たちの心を沈ませ、
呼吸までも浅くさせます。


思い通りにならないことがあっても、
一度、その場から離れ、
今、生きてる目の前のことだけに
焦点を合わせて
今を楽しむこと。

「忘れる技術」も
身につけていきたいです。

わたしの忘備録でした。

皆様にも
ヨガの恩恵を。


ヨガと今ココ。
ヨガの木
Mie


ヨガの木

屋久島にて、ヨガインストラクターとして活動中。 ホームページ「ヨガの木」https://www.yoganoki.com/

0コメント

  • 1000 / 1000