yoga

Le yoga, c'est un 1% de theorie pour 99% de pratique. ヨガは1%の理論と99%の実践


ヨガの起源は、5000年程前に、インドで生まれたと記されている。

インダス文明の頃に、モヘンジョダロの遺跡から、ヨガのポーズを刻み付けた印章が発掘された。

ヨガ哲学において権威のある古典のバガバッド・ギーターは、紀元前6世紀頃に誕生し、

この書の中でシュリ・クリシュナは、

「自我と心がコントロールされたとき、絶え間ない欲望から解放されて、心は平静をとり戻す」と語っている。

ヨガの語源はサンスクリット語で【ユジュ】と言い、繋ぐ、ひとつになる、結びつけるといった意味合いがある。

ヨガは、身体と心の平和をつなぐ調和の手段で、自身の平和に気づくことのよって「自分はいかに恵まれているか」

「自分は十分に満ち足りている」ことを知る。

ヨガは自らの心の揺れや、悲しみ、怒り、不安、緊張から離れる術を教えてくれ、

波のたたない穏やかな湖のように包んでくれるだろう。